• スマートなエアムーブ住宅の話
  • エアムーブ住宅の換気・断熱システム
  • エアムーブ住宅のオリジナル部材
  • GOOD DESIGN AWARD 2012 | エアムーブ工法が特別賞グッドデザイン・ものづくりデザイン賞を受賞しました。

スマートハウスとは?

2020年、一般住宅の省エネ基準義務化で住宅は大きく変わります。

日本の住宅は、法令によって省エネルギー化(高気密高断熱化)が推し進められてきました。さらにこれからは省エネルギーからゼロエネルギー*1へ、そしてカーボンフリー*2へ向けて大きく進展しようとしています。住宅に対する法令は、地球環境保全や国民の健康と幸福感にも密接に関係しており、住宅を販売する側はそれを厳格に遵守しなければなりません。また、これから家をお建てになる皆様は、将来の住宅基準下においても資産価値を維持できるように、10年後、20年後を考えながら住宅選びをすることをお勧めします。家を建てた後でも取り付け・交換が可能な ソーラーパネルや蓄電池などよりもまず、住宅そのものがどのような性能をもっているのか、ご購入前にしっかりとご確認ください。

*1ゼロエネルギー:自然エネルギーの利用や太陽光発電などによって外部からの電力に依存しないようにすること。*2カーボンフリー:二酸化炭素の実質的排出量をゼロに近づけること。

スマートハウスの定義 ~次世代の環境配慮型住宅~

  • 省エネ | ・住宅躯体機能 (気密・断熱性など) ・省エネ設備・建材 (LED・省エネ建材など) ・パッシブエネルギー (太陽・地熱の自然エネルギー)など
  • 創エネ | ・太陽光発電システム (ソーラーパネル) ・太陽熱利用 (外通気工法など) ・家庭用燃料電池 ・風力発電など
  • 蓄エネ | ・蓄熱 (床下コンクリートでの太陽や地熱利用) ・蓄電池 ・EV(電気自動車)との連動など
  • エネルギーマネジメント | ・HEMS (家庭内エネルギーの可視化) ・スマートフォンとの連携など

エアムーブ住宅は誕生からずっとスマートハウスでした。

建物自体が太陽熱を受け止めて利用(創エネ)する家。太陽や地球からの“パッシブエネルギー”により、電気や燃料の使用量を減らして本当に心地よい暮らしを実現するエアムーブ住宅は、誕生したときからいま話題のスマートハウスだったと言えます。また、そもそも電気を使わなくても快適性が高いため、エアコンの取り付け台数や使用時間、ソーラーパネル(太陽光発電)を始めとする設備への投資は最小限で済みます。

エアムーブ住宅のスマートハウス

  • 省エネ | ・住宅躯体機能 ・省エネ設備 ・建材 ・パッシブエネルギーなど
  • 創エネ | ・太陽光発電システム ・太陽熱利用 ・家庭用燃料電池 ・風力発電など
  • 蓄エネ | ・蓄熱 ・蓄電池 ・EV(電気自動車)との連動など
  • エネルギーマネジメント | ・HEMS ・スマートフォンとの連携など

省エネ | パッシブエネルギー(家まるごと換気搭載)

外気を床下(基礎給気口 風樹)から取り入れ、熱気や湿気を棟(換気扇 涼樹棟カバー 針葉樹)から排出する。これにより家の中が快適な空間となる。

エアムーブの省エネ / パッシブエネルギー利用

※エアムーブ住宅の住宅駆体機能は、2020年に義務化される厳しい省エネ基準をクリア
できる気密・断熱性能を有しています。

創エネ | 太陽熱利用(外通気工法)

太陽熱を利用し、屋根・壁面に集熱。集まった熱は、躯体内の空気に伝わって家全体を循環。 それにより、どの部屋にも自然な暖かさがもたらされる。

エアムーブの創エネ / 太陽熱利用

蓄エネ | 蓄熱(床下コンクリートに太陽熱を蓄える)

窓などから太陽熱を床下コンクリートへ蓄熱、夜間放出するため、自然の暖かさが家全体に広がる。 天然の床暖房として自然エネルギーを活用(ダイレクトゲイン)。

エアムーブの蓄エネ / 蓄熱利用

エネルギーマネジメント  | HEMS

スマートフォンやタブレットPCなどによるエネルギーの見える化、管理。

スマートフォンとの連携

エアムーブ住宅についてもっと詳しく

エアムーブ住宅の換気・断熱システム | 家じゅう換気・断熱するシステムで一年中快適な住空間を実現
詳しくはこちら
エアムーブ住宅のオリジナル部材 | 自然エネルギーを最大限に活用する特許取得のオリジナル部材
詳しくはこちら